こちらは長野県弓道連盟のホームページです

長野県弓道連盟

Nagano Kyudo Federation

 
HomePresent page

長野県弓道連盟 会長挨拶

会長胸像
2024年01月
長野県弓道連盟会長
松島貞治
令和6年新年のあいさつ

 令和6年の新しい年を迎えました。本年もよろしくお願いいたします。
今年は、あいさつといっても、入院中のベッドからになりました。昨年末、12月19日の夜、突然に脳梗塞で緊急搬送、そのまま入院となっております。 脳梗塞の起きた場所が脳のうしろで、物を食べたり飲んだりする機能がやられ、口から食べるようになるまで時間がかかるようです。 また、立つこと、歩くことも一からスタートですが、不思議なことに手足は左右感覚に違いはあっても動きます。 会長という立場を考えていますが、任期途中ということもあり、とりあえず、リハビリに専念し、それ以後のことはまた改めて検討させてもらいます。 3月いっぱいを第一段階の目標のリハビリかなあと思います。皆さんに迷惑をかけますがお願いいたします。
 昨年暮、12月24日に開催された全国高校男子駅伝で佐久長聖高校が優勝しました。外国人留学生もいない中で下馬評の結果を出しました。 10月の鹿児島国体成年女子近的優勝と重なりました。秋の全日本遠的選手権で岩村選手も優勝しました。いつも言っていますが、頂点は高く、底辺は広く、その頂点も高い一年でした。 一方、弓道教室でも参加者が多く、大変という話も聞いておりうれしく思います。
 今年も、それぞれの弓士が、それぞれの地域で、場所で、頑張っていただくよう祈念申しあげます。
 私も志し半ばで倒れましたが、73年間生きてこられたことに感謝もしながら皆様の活躍に期待しております。 もう一度弓を握ってみたいものだ、とも思いますが実現できましたら、またよろしくお願いします。


バックナンバー

ページトップへ